パトヨメ blog

たまに書く、ガジェット、フィンランド、裁縫、旅行

フィンランドの時間とBaby-Gのマルチバンドでも電波が受信できなかった話

フィンランドの夏時間が終わる…と、いう記事を見ていて、フィンランド旅行で一つ思い出したことがありました。

Baby-Gで電波時計の受信をしなかったんですよー。

フィンランドに着いたら、iPhone6も、ArrowsM03も、速攻で現地時間になりました。超優秀!

でもマルチバンド6(世界6局の電波時計の電波を受信できる)対応のBaby-Gだけ、変な時間になってます。おかしい。

強制的に電波を受信するモードにしても「ERR」表示です。なぜ!?

結局Baby-Gの時間は、スマホの時間と合っていたモスクワに手動で合わせました。なぜМосква?と思いながら、ヴィータスのモスクワの夕べの歌声を頭に浮かべながら。

折角「世界どこでも自動で時間が合う♪」のを試す機会を得て、ウキウキしていたのですが、ハンドパワーですか(涙)

フィンランドと日本の時差は-7時間です。でもサマータイムがあって、3月の最終日曜日の深夜3時に4時に進み、10月の最終日曜の深夜4時に3時に戻ります。その間、日本との時差は-6時間です。なのでもうすぐ-7時間に戻ります…と、いうことは、この時期にサマータイムの切り替え日を旅行すると1時間お得になるってことですか?(笑)

フィンランドサマータイム中のタイムゾーンの名称は「EEST 東ヨーロッパ夏時間」、協定世界時との時差は「UTC+3」、日本時間との時差は「JST-6」になるそうです。

ちなみにモスクワは「MSK  モスクワ時間」、「UTC+3」、「JST-6」なので、夏の間だけモスクワと時差が無くなる感じですか。ロシア人観光客が多かったのは、太陽を求めて南下していた+時差が無いのが魅力…とかもあるかもしれませんね。

本題に戻り、なんでフィンランドでは電波時計がきかないんじゃろー?の件です。

電車に乗っているとGPSの補足が日本ほどリアルタイムにいかない(端末側の問題か、土地柄の問題かは不明)とか、ホテルでも3つ位ポケストップを回せる(GPSが不安定で結構ウロウロする、距離を稼ぎたい人は、ゲフンゲフン)などと同様の原因かな?と思っていました。

でもちがいました。

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

こちらのair_borneさんの解答から引用します。

それに、そもそも、SUUNTOのお膝元であるフィンランド”は、自国の標準電波を発信すらしていないのも理由かと。
つまり、電波時計フィンランドでは無用であり、そもそも馴染みが無いとも言えるかと。

!!!

と、いうことで、カシオの技術をもってしても電波を捉えられなければ、どうということはないのでした。

なお、私のBaby-Gですと、サマータイム以外は「UTC+2」のアテネ・カイロ・エルサレムに合わせることになりそうです。

※トラコミュ
北欧旅行
フィンランドFinland*Suomi
iittala * ARABIA * marimekko 北欧ラブ♪

にほんブログ村 旅行ブログ フィンランド旅行へ
フィンランド旅行