読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パトヨメ blog

パトヨメが気の向くままに書いてます。

2016年8月のフィンランド その3 航空会社とホテルの話

フィンランド 旅行 ポケモンGO

旅程は7泊9日でした。

1日目 成田発→ヘルシンキに午後着
2日目 午前中ヘルシンキ観光、午後からトゥルク経由でナーンタリへ移動
3日目 一日中ナーンタリ観光
4日目 午前中トゥルクへ移動して夕方まで観光、夜にヘルシンキへ移動
5日目 一日中ヘルシンキ観光
6日目 一日中エストニアのタリン観光(フェリーで日帰り)
7日目 一日中ヘルシンキ観光
8日目 天気悪く空港へ早めに移動して免税店を楽しんで、夕方に帰国便に搭乗

飛行機のチケットはHISで購入しました。
ホテルの予約はbooking.comです。

 

■航空会社
フィンエアーを使いました。エコノミーです。日本のCAさんもいらっしゃいましたが、私のエリア担当はフィンランドの陽気なお兄さんCAさんでした(行きの便)。

フィンエアーでは各種案内や機長さんのアナウンスを英語、フィンランド語、日本語(CAさんが通訳)で流してくれます。

機体もマリメッコ、毛布、枕、機内食も全部マリメッコ
カップもマリメッコ…といきたいところですが、冷たいものを頼むと透明なプラスチックのカップを渡されます。暖かいものを頼むとマリメッコカップでした。

f:id:LovePatrasche:20160922171857j:plain f:id:LovePatrasche:20160922171913j:plain f:id:LovePatrasche:20160922172022j:plain

パイロットはフィンランド人で、着陸はマイルドでした。

帰りに空港のフィンエアーのラウンジを使えたのですが、オシャレで震えました。
時間と共に照明の色を変えてみたり、サウナがあったり、素敵ラウンジです。

f:id:LovePatrasche:20160922223427j:plain f:id:LovePatrasche:20160922223609j:plain

■ホテル
一泊目はソロ ソコス ホテル トルニ ヘルシンキ、駅チカというだけで決めました。

f:id:LovePatrasche:20160922172131j:plain f:id:LovePatrasche:20160922172157j:plain

1階の部屋と言われ、1階って…と思っていましたが、オートロックになっていて宿泊客以外は入れません。また部屋の窓側は坂道の関係で2階になってました。

部屋の内装はオシャレです。泊まったお部屋は壁がオレンジ色でした。
コンセントはCタイプです(ほかのホテルもCでした)。

朝食ビュッフェ付きプランにしましたが、朝食がとてもおいしかったです。予想外のおいしさです。食堂のスタッフが「何か、飲み物を持ってきますか?」(別料金の飲み物ではなく、朝食プランに含まれます)と声をかけてくれたり親切でした。

その他、部屋は安くあげるとバスタブがありません。
部屋によってはポケストップが近くにあり部屋から回し放題です。

帰ってきてから知ったのですが、ホテルの上階に市内を見渡せるバーとかあって、「何で行かなかったのか…」と後悔しました。機会があればリピートしたいです。

www.booking.com

二泊目、三泊目はナーンタリ スパ ホテル、スパっていう響きが良いので選びました。

f:id:LovePatrasche:20160922172415j:plain f:id:LovePatrasche:20160922172443j:plain

同じく朝食ビュッフェ付きプラン、朝ご飯の味は普通です。
格安の部屋ですとバスタブがありません。
窓から見えるのは海です。景色が素敵です。

日本語で書かれた館内・付近の観光スポットなどが載ったA4で8枚程度の案内があり、便利でした。
フロントは人数が少なく、結構待ちますが、親切で感じの良い人ばかりでした。

プールが良かったです。スパもプールと繋がって温いプールみたいな感じでした。

スパへ行くときは、温泉旅館の浴衣みたいに部屋にあるバスローブを着て(ホテルからそのようにおススメされます、スパに行く人は結構着ていました)、ビーサンをはいていくのが良いと思います。

と、いうのも、スパの更衣室(女性用)の脳内記憶イメージ図はこんな感じです。

f:id:LovePatrasche:20160922154603j:plain

ロッカーのある部屋は土足ですが、靴はロッカーにしまいます。
隣のシャワーブースのある各施設へ繋がる部屋は、ビーサンもしくは裸足です。
土足と裸足が入り乱れているので、ビーサンがあると良かったです。

混浴ミストサウナは、モワモワしており、バスタオル(着用OK)を巻いていればシルエットは見えますがディティールは見えません。
バスタオルは、スパ近くのカウンターが開いていればレンタル可と思います(3€くらい)。ペラペラでも大丈夫と思うので100均のとかを持っていくのでもいいかも。
部屋のバスタオルを使うと、連泊の場合は交換してもらえないと悲しいです。
そんなときはバスローブで体を拭いちゃう(濡れたままさりげなく着る)のもあり?

www.booking.com

四泊目~七泊目はホテル ヘルカ、朝ご飯が美味しいという口コミを信じて決めました。

f:id:LovePatrasche:20160922230816j:plain f:id:LovePatrasche:20160922172932j:plain f:id:LovePatrasche:20160922172948j:plain f:id:LovePatrasche:20160922173011j:plain

結果として朝ご飯は普通でした。種類も少ないです。管理もゆるい感じで、泊まってなくても食べられそうでした。朝ご飯に期待していただけにガッカリです。

部屋にバスタブは無し。しかもシャワーブースとトイレの仕切りの下に隙間(写真の赤い丸の辺り)が開いていて、トイレへ水が漏れてビチャビチャになるので、シャワーは壁際に寄って浴びてました。

サウナがあるそうですが、21時で閉まるので、晩御飯を食べて帰ってきたら入る時間はありません(これは人によりますね)。

客室内にセーフティーボックスが無く、貴重品はフロント預かりです。
客室のドアが大きく重くて開けると廊下をふさぎ、部屋によっては出入りが大変です。

色々ディスりましたが、補って余りある魅力もあります。
まず、宿泊料金が安いです。料金相当と考えれば文句はありません。
更に、交通の便がすごくいいです。ヘルシンキ駅からは少し歩く位置ですが、地下鉄のカンピ駅やバスターミナル、トラムにも近くてとても便利です。
買い物も便利で、ショッピングセンターも、S-market(Kかも?)も近くにあります。
立地重視の方には、とてもおススメです。

オマケで、部屋にデザイナーズの家具が使われています。家具がオシャレです。
ハッリ・コスキネンのブロックランプとかアルテックのベンチとかありました。
ブロックランプを実際に使ってみることができたのは収穫でした。
アルテックのベンチは実用的で丈夫でした。

部屋によってはポケストップを2か所回し放題です。
外壁の淑女レリーフも素敵。

www.booking.com

ナーンタリスパとホテルヘルカで、客室の注意書きをよく読むと「バスタオルを変えてほしければ(シャワーブースの)床においてください」と書かれていました。
ホテル ヘルカでは床に置いて「バスタオルの交換をお願いします」のメモをつけたら変えてもらえました。

 

にほんブログ村 旅行ブログ フィンランド旅行へ
にほんブログ村