パトヨメ blog

パトヨメが気の向くままに書いてます。

2016年8月のフィンランド その1 SIMの話

8月に夫とフィンランドエストニアへ行きました。
インターネットで検索すると「フィンランドプリペイドSIMが安くて使えて超便利!」とのことで、それを利用した話です。

 

 

■端末

プリペイドSIMを利用するには、SIMフリー携帯とか、SIMフリーなモバイルルータが必要です。今回はSIMフリー携帯ArrowsM03(私が使用)とモバイルルータAtermMR03LN(夫に貸した)を持っていきました。

f:id:LovePatrasche:20160921204715j:plain

 

プリペイドSIM

フィンランドでは、DNAのプリペイドSIM(7日間使い放題で7.9€)を利用しました。
空港のR-KIOSKIではDNA以外のSIMもレジ奥の棚の上にありました。
他社のSIMとの主な違いは、お値段と使用期間。あと、ネットで検索していると、エクストリームな方面やイベントなどでは、会社によっては繋がらないといったこともあるようでした。DNAは繋がらないという噂も…?
私は攻めた場所には行かなかったので利用日数でDNAにしました。

参考までにDNAのカバーエリアはこちらからチェックできます。
https://kartat.dna.fi/Peittokartta/

 

■設定方法 ArrowsM03編

DNAのSIMのSIMフリー携帯での設定方法は、ネットを検索すると色々な方が詳しく書いて下さっており参考になりました。

ArrowsM03でDNA のSIMを設定した場合の方法を書きます。

1.DNAのSIMを買う。「7デイズはDNAのみです」とR-KIOSKIのお姉さん談。

2.パッケージを開けてSIMをnanoサイズに切り抜く。3サイズの切り込み有り。

3.電源を切ったArrowsM03にSIMを入れる。

4.電源を入れるとPINコードを入れる画面が出る(写真)ので入力する。
入力するPINコード(数字で4桁)は、手順2でSIMを切り出したカードの裏に不思議模様(スクラッチ)があるので、そこを削って左上の「PIN1」の「最初の4桁」です。

f:id:LovePatrasche:20160921202834j:plain

5.ArrowsM03(Android6.0.1)でAPNの設定をする。
設定→データ通信・機内モード→モバイルネットワーク→アクセスポイント名→+→「APM名」項目にDNAとか入れる。「APN」項目に「internet」と入力。

ここまでの設定でインターネットが使えます。
この後はしてもしなくてもいいと思います。

 6.しばらくするとDNAの「18144」からメッセージが来る。
内容は「14600」宛てにテキストを送ると、メッセージを違う言語に変えられるというものです。今後来るメッセージを英語にしたければ14600に「ENG」とメッセージを送ります。

メッセージはフィンランド滞在中にDNA(18144)から3通お知らせが来ました。
雰囲気は念力で読むとこんな感じでした。

「DNAのモバイルサイトでアプリダウンロードや、履歴管理とか追加課金できる」

「14600にメッセージを送ると、課金したお金の一時停止、解除(2.5€)できる」

「君の(SIMの)有効期限が切れても事前に登録した2つの電話番号には通話できる。サービスを有効にするにはDNAのモバイルサイトかユーザサービスに電話して」

 

■設定方法 AtermMR03LN編

1.とりあえず一度繋いでみる。

AtermMR03LNで使う分のSIMは、nanoSIMサイズにくり抜いて、SIMフリー携帯で1~4までおこなったSIMを、SIMアダプタでmicroサイズにしてAtermMR03LNに入れました(SIMアダプタは自己責任で使用です)。

アクティベートが必要だろうと思ってこの操作を行いましたが、もしかしたらSIMをmicroサイズにくり抜いて直接AtermMR03LNに入れてもアクティベートできたのかもしれません。実際に試していないのでわからないのですが。

なお、DNAのSIMは電源を入れなおすたびにPINコードを入れる必要があります。
PINコードは、AtermMR03LNのLAN(デフォルトではプライマリ)に接続した端末(携帯とかPCとか)のブラウザから「クイックWeb設定」を表示した画面上から入れることができます。
「クイックWeb設定」のトップページにPINコードを入れる欄が現れました。
AtermMR03LNから直接は入れられませんでした。

 2.「クイックWeb設定」の「基本設定」→「接続先設定(LTE/3G)」画面で、「接続先名」にDNAの接続先設定を作る(APN: internet、暗号化方式PAP)。

 3.手順2の画面にある「高度な設定を表示」ボタンをクリックした後、ネットワークモードを「自動(LTE/3G/GSM)」にする。

 AtermMR03LNでは、なぜか「3G」でしか繋がりませんでした。
日本ではネットワークモードを「LTE」固定にしていたのに気が付かず、繋がらないよ~と少してこずりました。

3Gでしか繋がらないのは対応バンド問題か?と思い少し調べてみました。
DNAは4G LTE Band3 (1800 +) /Band7 (2600) /Band20 (800 DD)です
AtermMR03LNの4Gは、Band 1/3/21/19対応なのでいけると思うんですが…。
ちなみにArrows M03/RM03の4Gは、Band1/3/8/19/26対応です。
こちらはLTEで繋がっていました。

 3G接続でもGoogleマップが見ることができて、ポケモンもOKで、夫も困らないとのことで「ま、いいか」となりました。


余談ですが、R-KIOSKIでプリペイドSIMを買うときに、前に並んでいた方がソ○トバンクの社長さんにそっくり!!で、ビックリしました。私と同じDNAのSIMを購入されていました。
「お忍び!?」と思ったものの、ホンモノなら絶対ファーストクラスだし、なんなら自家用ジェットだろうし、むしろ自社のスマホで海外ローミングしますよね…。

 

にほんブログ村 旅行ブログ フィンランド旅行へ
にほんブログ村